公益事業

研究助成事業

工業教育研究助成

奨学事業

試験研究事業

研究助成事業

当財団の定款第4条第1項第(1)号に定める事業の一環として、工業技術の調査研究並びにそれに関する助成及び表彰事業を実施し我が国の工業技術水準の向上に寄与することを目的とする。

2022年度 募集要項

  1. 募集期間
    2022年1月24日(月)から2月28日(月)必着
  2. 応募資格
    • 研究を計画に従って遂行するに足る能力を有する者とする。
    • 新進の理工学の研究者(概ね45歳以下)
  3. 研究内容
    • なるべく実用化に近いもので分野は問いません。
      ただし、建築意匠系や生物系は対象外とします。
  4. 助成金額
    • 1件当たり最高150万円まで。
  5. 実施期間
    • 原則1年間とする。
  6. 審査基準
    • 工業技術の向上に寄与する研究であって、研究の計画及び方法が目的を達成するために適切であり、かつ、充分な成果を期待し得るものであること。
  7. 受給者の義務等
    • 研究報告書(A4用紙8ページ以内)を翌年7月末日までに必ず提出する。
    • 提出された研究報告書は当財団が毎年発行する年次報告に掲載されると共に当財団のホームページに掲載されます。
    • 当財団が主催する会議等で研究成果の発表を依頼する場合があります。
  8. 応募方法
    • (1)助成金申請書の作成

      ①申請書作成は、「電子申請システム」にて「申請者マイページ」に登録し、申請書類をダウンロードして申請様式1と2を作成してください。

      ②申請書の作成にあたってはダウンロードしたWordファイルで作成後、PDFに変換しアップロードしてください。申請様式1の推薦者の公印は必須ですので、押印した書類をPDFでアップロードしてください。

      ③申請書は日本語で作成してください。

    • (2)提出方法

      申請書類は、「電子申請システム」の「申請者マイページ」から提出して下さい。

      締切日時を過ぎると申請することはできません。また、郵送での受付も行なっておりませんのでご注意ください。

  9. 応募締切日
    2022年2月28日(月)正午 必着とします。
  10. 選考方法および審査基準
    当財団に設置した選考委員会において応募書類の書類審査を実施、研究助成対象者を選考し、理事会で決定します
  11. 助成決定通知及び助成金の振り込み
    • (1)研究助成者の採否通知は、2022年4月下旬を予定しています。申請者に対しメールにより通知します。
    • (2)研究助成金は、2022年5月以降から、大学事務局を経由し指定された銀行口座に振り込みを予定しています。ただし、助成金の会計年度は、2022年4月1日から2023年3月31日までとなります。

2020年度実績

14件の研究テーマに対し、それぞれ120万円から150万円を助成した。

2020年度 研究報告書

(本ページ上のPDFファイルは閲覧のみ可能となっております。)

ページのトップへ戻る