研究助成事業

研究助成金

2024年度 研究助成金募集要項

この助成金は、工業技術の発展に寄与する研究を支援することを目的としています。

  1. 募集期間
    (前期) 2024年2月1日(木)から2月29日(木)迄
    (後期) 2024年7月1日(月)から7月31日(水)迄
    • 前期に応募した場合、後期に応募できません。どちらかを選択してください。
  2. 応募資格
    全国の大学や高等専門学校の常勤教員、研究員(特任を除く)
    • 所属機関長の推薦と公印必須
    • 概ね60歳以下
    • 過去の受給者も実施期間終了後3年経過していれば応募可能
  3. 募集件数
    (前期) 80件
    (後期) 25件
  4. 研究分野
    (1) 化学、材料科学、生物工学
    (2) 環境、エネルギー
    (3) 機械工学、加工、ロボット工学、宇宙工学
    (4) 電気・電子工学、システム・制御、情報、AI
    (5) 医工学、製薬工学、農業工学
    (6) 生産工学、管理工学
    (7) その他、21世紀の課題に貢献する工業技術が望ましい
  5. 助成金額
    (前期) 最高150万円/件
    (後期) 最高500万円/件
    • 当財団では、原則、助成研究費が研究テーマの遂行に必要な支出に限定しており、研究機関の間接経費の支出は想定していません。必要に応じて「研究支援経費免除申請書」を請求してください。
    • 研究費等の積算表の注意事項を守って記載してください
  6. 実施期間
    (前期) 2024年4月1日から2025年3月31日迄
    (後期) 2024年10月1日から2026年3月31日迄
  7. 審査基準
    研究の計画と方法が21世紀の工業技術向上に適切かつ独創的で、成果が期待できること
  8. 受給者の義務
    研究成果報告書の提出(実施期間終了後3ヶ月以内)
    • 当財団が指定するテンプレートに従い、A4用紙8ページ以内とする
      作成例
      テンプレート
    • 当財団が毎年発行する年次報告に掲載される場合がある
    • 当財団のホームページに掲載される場合がある
    • 当財団が主催する会議等で発表を依頼する場合がある
  9. 応募方法
    電子申請システムにアクセスし以下の手順で応募する (1) マイページにログイン(新規の場合、マイページ取得)
    (2) 申請種類「2024年度(前期又は後期)研究助成金」の申請書類から応募
    • 他の募集と間違えないように申請種類を確認してください
    (3) 申請者情報の登録
    (4) 研究助成金交付申請書(様式1)のアップロード
    • 所属機関の長(大学院長または研究科長)の公印済のPDFファイル
    (5) 研究計画書(様式2)のアップロード
    (6) 最後に「提出」ボタンを押して応募完了です
    • 研究助成金交付申請書(様式1)、研究計画書(様式2)は当研究所のホームページ(https://zai-amano.or.jp/)或いは電子申請システムからダウンロードできます。Wordファイルで作成し押印後、PDFファイルに変換しアップロードしてください。
  10. 選考方法
    外部審査委員による書類審査、及び選考委員会での選考後、理事会での決定
  11. 助成決定通知及び助成金の振り込み
    (1)採否は、応募締め切り後2か月以内にマイページに通知します
    (2)振込は、大学事務局を経由し指定された銀行口座に振込みます
  12. 問合せ
    公益財団法人天野工業技術研究所(053-523-1171)
    jyosei@zai-amano.or.jp

研究費などの積算表の注意事項

*以下の事項が守られない場合、選考からはずれることがあります。

  1. 設備が単体で、20万円を超える場合は、必要理由を備考に記述する。
  2. ソフトウエアの購入の場合、名称を記載すること。
  3. パソコンを購入する場合、型番を示し、その理由を備考に記述する。
  4. 消耗品は、分類して詳細に記述すること。
  5. 外部の分析費用を計上する場合は、分析依頼先、内容、単価など詳細に記述すること。
  6. 旅費は、できるだけ詳細(会議名、場所、日程など)に記述すること。
  7. 研究補助員への支出は、時間単価と勤務形態と人数を記述すること。
  8. 業務委託費を計上する場合、その内容の詳細を記述すること。

2022年度実績

19件の研究テーマに対し、150万円を助成した。

2022年度 研究報告書

(本ページ上のPDFファイルは閲覧のみ可能となっております。)

TOP 研究助成事業 研究助成金